社員の一日

資格を磨いて輝く
縁の下の力持ち、医療事務の仕事

保険調剤薬局においては、レセコンの操作・調剤報酬の理解だけではなく、医療現場にいるからこそのやりがいがあります。
不安そうにいらした患者さんが笑顔で戻られる姿をみると、良かったなと思います。そんな人とのふれあいや、待ち時間を楽しく過ごして
いただく工夫を日々考え、業務にあたっています。
保険や制度に関しては、薬剤師にも負けない!「薬以外のことならお任せ」という自負を持ち、業務にあたっています。
縁の下の力持ち、実は薬局の顔というやりがいのある仕事です。


医療事務の仕事

医療事務の研修と事務運営係の活動

トミザワ薬局には、社員が自主的に活動する「委員会・研究会」というシステムがあります。
事務運営係はその活動の一環として、医療事務の研修や育成計画の立案、各店舗への訪問指導などを行っています。
20店舗それぞれ特色があり、処方傾向から業務内容も異なる(例えば、保険に関すること、入力方法など)ために、仕事しながらスキル
アップが可能です。
グループウェアとして、社員が使える掲示板(サイボウズを採用)で情報のアップデートを行い、リアルタイムで情報の共有も可能となっ
ています。勉強会の資料や実施内容についても掲示板にアップします。
各個人には目標を意識して業務に当たれるよう、年間目標を設定してもらい、日常業務の中で少しでもスキルアップできるよう環境を整え
ています。

個人へのフォロー

新入社員の医療事務には、在学中の10月から卒業の3月までの間に2~3週間クール、4~5店舗の実務研修(OJT)を受けていただきます。
指導は店舗の事務リーダーが担当します。
また、自身の振り返りがしやすいよう研修ノートを作ってもらい、そのチェックやアドバイスも行います。
一番大切にしているのは、不安になっていないか?わからないままにしていないか?の確認です。
絶えず目を配り、必要に応じて声をかけられる。そんな研修を目指しています。


事務運営係の紹介
委員会・研究会活動の一環とし、ベテラン医療事務4名+育成枠(若手)2名で構成。
月に1回程度集まり、医療事務育成のためのイベント立案や資料作成、各店舗での実地指導を行っています。
メンバーの個性を活かし、変化を続けるバラエティ豊かな「保険調剤」に立ち向かうため、日々奮闘中!
活動内容に制限なし。やりたいを形にできる、自主性が発揮できる活動です。


事務運営係の紹介

Q 事務運営係、苦労ややりがいを教えてください。

指導する立場になって、より勉強することが増えたと感じています。業務とのバランスをとることにも最初は苦労しました。
同じ職場のスタッフを指導する難しさや、自身が手本になることに抵抗を感じた時もあります。

事務運営係は現在6名のメンバーで活動中。経験を重ねると質問しにくくなりますが、私から質問・確認することもあるんですよ。
自分の不得意な分野に長けているメンバーがいるなど、ひとりじゃない安心感があるから続けられていると思います。
経験値があるからこそ、新しく学ぶ姿勢を続けることは大変です。だからこそ環境の整備をしていきたいと考えています。
薬剤師からの質問や要望にもスマートに応えられる。患者さんからありがとうと言われる。そして仲間から信頼される。
そんなときにやりがいを感じています。

資格があることも大切ですが、それを活かすためには現場力が大切になってきます。
トミザワ薬局では20店舗さまざまな科目を応需しており、仕事をしながらスキルアップできる環境があります。
楽しく経験豊かな先輩もたくさんいるので、わからないことも安心して学べますよ。
何かを学ぶために、別に時間を作るのは大変! 「学びながら働ける」トミザワ薬局で一緒に働きませんか?