社員の一日

2007年入社 管理薬剤師、在宅推進課リーダー 齋藤涼子

時間が空いた時に患者さまに電話をし、
いつお届け希望か確認します。
薬を準備し、薬学的管理指導計画書を
作成します。

訪問薬剤管理指導報告書を作成し、主治医に
お渡しします。
同時に服薬情報提供書も作成し、訪問看護師
又はケアマネージャーに報告します。

調剤、在宅へお届け

私たちは地域医療を担うチームの一員

私が働いている店舗は患者さま宅に訪問するのが月に20~30件と
トミザワ薬局の中でも在宅件数が多い店舗です。

主には高齢者が多いですが、認知症などによる理解力の低下や
体が不自由で自力では薬局に来ることができない方に
お薬をお届けしています。

訪問依頼は医師からの依頼だけではなく、ケアマネージャーさんや
患者さまのご家族からのご相談がきっかけの場合もあります。

最近では訪問看護師さんや施設の職員さんと連絡を取り合うことも
多くなり、地域医療をチームの一員として薬剤師も携わることができ
ているんだということを実感する日々です。

訪問の様子

患者さんとはいえ人生の大先輩。
教えてもらう事も多いです。

在宅医療で見えてくる事

業務の様子

投薬カレンダーに薬をセット。しっかりと
薬を飲んでくれていたかな。(^^♪

在宅では患者さま宅に訪問し日常生活を見ることで、薬局にはない
情報を得ることが出来ます。
その情報から、より効果的な薬物治療へのサポートすることができ、
より患者さまのベネフィットを考えた服薬指導ができるのも
大きな利点です。

また往診クリニックのカンファレンスへの参加や地域包括支援セン
ターへの訪問を通して、医師はじめ他職種の方々と顔の見える関係を
大切にしたいと活動しています。

在宅医療推進チームのリーダーに任命されました

今後もますます在宅医療が進むでしょう。
そんな中で薬剤師がしっかりと関われるようになる事が重要です。
トミザワ薬局においてもかかりつけ薬局として、在宅医療は積極
的に推進する方針です。そこで社内で在宅の経験が高い社員が中心
となり、在宅医療推進チームを立ち上げました。

全店舗でいつでも在宅医療に取り組んでいけるよう体制整備や専門
的知識の習得、在宅医療の経験を積み重ねてスペシャリストへのブ
ラッシュアップを図り活動していきたいと考えています。
また近隣のクリニックにパンフレットを配り、在宅医療で薬剤師が
できることをアピールしています。

業務の様子2
パンフレット
茂庭店は認知症対応薬局です。
ご相談に乗り認知症の方とご家族を支えます。

←最近作ったパンフレットです。
ぜひご覧ください(^_^)/

トミザワ薬局では在宅医療もしっかり勉強できます。
皆さんが社会に出てやりたいことは何ですか?
私たちはそのやる気を全力でサポートしていきますよ!!!